FC2ブログ
 

21グラムの魂

21グラムの魂

俺はキミに・・・心を宿そう・・・

もう決めたこと・・・

戸惑いはないよ

冬に一緒に見たあの湖に・・・

俺の魂と引き換えに・・・



キミに・・・自分で・・・

春の桜舞う空の色

夏の木々の緑からこぼれおちる蝉の声

秋の真っ赤に色づくもみじ

冬の雪にしんしんと染まる無垢な景色

それらに目を薄めながら香りや音を感じさせたいんだ

それは単純な事だよ

キミを愛しているから・・・

だから・・・俺は・・・身を沈めよう


あなたは私に21グラムのちっぽけなものを授けて・・・

あなたが居なければ四季の季節も霞んで見える

それぞれの季節の匂いや音でさえ私の鼻や耳を素通りしてしまう

そんな世界・・・

私は望んでいなかったのよ

私は私のままでいたかった

あなたの21グラムの魂で私は心を宿したけど

あなたが居なければ・・・

それは無意味なことだったのよ





003_edited-291111.jpg



だから・・・だから私は大好きな冬の季節が来たら・・・

あの時見た湖に身を沈め

あなたの居るところに行く

だから今度の冬が来るまで・・・

その時まで・・・











心象風景写真ランキング
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村
関連記事
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
アイのカタチ  ←アイのカタチ 【2019年05月】の更新記事一覧 →儚い夢  儚い夢
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索